お知らせ

神郡宇敬「連綿」展
書にかかせない文房四宝といわれる
筆、硯、墨、紙は自然界からの贈り物…
筆は獣毛、硯は石、そして墨と紙は植物。
その文房四宝が人工的なものに
とってかわられようとしている中、
今尚丹念に手仕事された
それぞれの魅力を感じ取ってもらえるような
展示を試みました
また平成最後の展覧会として
「大化」から始まる日本の元号
約250 点を展示します
会期:平成31年1月12日(土)─ 2月24日(日)
開廊:12時─19時[土日のみ]
会場:CAPSULE Gallery
   東京都世田谷区池尻2-7-12 地下1階
入場無料
神郡宇敬「連綿」オープニングレセプション
オープニングの前段では
花士 珠寳さんのお献花に合わせ
神郡 氏が会場で書を揮毫し作品を完成させる
特別な会を行います
日程:平成31年1月12日
会場:SUNDAY & CAPSULE Gallery
   東京都世田谷区池尻2-7-12 地下1階
会費:7,000円(税込)
※お食事と神郡宇敬・図録「連綿」を含みます
お申込み:SUNDAY 電話:03-6413-8055
神郡宇敬 × 雲母唐長 コトノハのワークショップ
唐紙は文字を書くための料紙であった…
雲母唐長(KIRA KARACHO)
唐紙師・トト アキヒコ、千田愛子夫妻による
書家 神郡宇敬・個展の為の
特別なワークショップを開催致します
日程:第1回 13時 / 第2回 16時30分
会場:CAPSULE Gallery
   東京都世田谷区池尻2-7-12 地下1階
会費:各回 12,000円(税込)※定員20名
お申込み:SUNDAY 電話:03-6413-8055
協力:雲母唐長(KIRA KARACHO)

略歴

神郡宇敬 かみごおり うきょう
書道研究温知会所属
父 神郡愛竹に師事
二〇〇八年より京都を拠点に作品制作、書道指導を行う。